場所 潟東体育館

 

西蒲青年部のスポーツの祭典が今年もやってきた。今回はソフトバレーでの対決、2年前のソフトバレーの時は4勝3敗、今年はそれ以上の成績、優勝を狙いにいくぜーと、笛木監督率いるフエキJAPANは立ち上がったのであります。(優勝したら飲み会の時にコンパの姉ちゃん1人増やすと ニンジン作戦だ)
開会式では選手宣誓の大役を任せられ、「この腹にたっぷりと溜まったぜい肉を、1センチでも減らして帰ることを誓います」とお約束の受け狙いも成功、上機嫌で試合に望むフエキJAPANであったが、その後の予想もしていなかった悪夢が・・・・ 第1・第2試合まったく波に乗れない、気合を入れなおしての第3試合、簡単に負けた、午前の試合3連敗この時点で笛木監督更迭の声が、いや午後の試合4連勝なら2年前の成績と同じだー これからだーと、ほっともっとのしょうが焼き弁当(大盛り)を食べヤル気まんまんに、だが第4・第5試合これまた負けだ、脳裏に全敗の文字が、全敗だけはいかん、だがフエキJAPAN皆青ざめている、第6試合途中までリード、よし勝てるかもと思ったときに稲垣さんがコートに入ってきて、ミス・ミスの連発でまさかの逆転負け、稲垣さん「これから仕事だから」と逃げるように帰って行った。さあ泣いても笑っても最後の試合、なんとしても全敗だけは避けなくては、15点先取で試合はおおずめ13対13、つよしがアウトだったボールに手を出して相手にマッチポイント、最後も簡単に決められゲームセット見事な全敗達成であった。(まじでブルー)
優勝は分水商工会、2位吉田商工会、3位弥彦商工会、そして最下位は見事な負けっぷりの岩室商工会(フエキJAPAN)でした。
ちょうさいあくー

 

PS 来年はちがう競技がいいかな